東京都内は、無料で出張相談します。

「興信所とは」

(当探偵社-東京、用語集)

「興信所ってどんなところ?探偵とどう違うの?」

現代では「探偵」という呼び名の方が世の中では認知されており、興信所といわれても、なんだかピンとこない。そんな人が多いのではないでしょうか。
「探偵と興信所」どちらも呼び方が違いますが、実はどちらも同じ調査業。依頼を受け、調査対象を調査することに違いはありません。ただ、昔は扱っている業務内容に若干の違いがあったようです。
興信所と探偵社の違いを少し紹介してみましょう。

興信所は主に企業・個人の信用調査を中心に調査を行っていたといわれています。興信所のルーツを探ってみると、銀行が信用調査を行うために出資・設立されたのが始まりとされており、その影響で個人の信用調査よりも企業の信用調査に重きを置き、調査業務を行っていたようです。

企業信用調査は、取引をする際に後々不都合が起こらないか、企業の財務や取引状況などを事前に調べる調査です。
一方、個人信用調査に重きを置いたのが、探偵社。個人の信用調査では、相手の素性や財産などを調べていました。

興信所の調査方法は、対象が企業であることが多いことから、身分を明かし対象から直接情報を収集するような手法が用いられていました。
対して探偵の調査方法は、個人の情報を集めることが目的であったため、現在一般的に浸透している様な尾行など、対象者に気付かれないように調査を行う手法を用いて調査を行っていました。

昔はこのように、調査対象や調査手法が分かれていた興信所と探偵ですが、年月が経るにつれて、同じ「調査を行うところ」として、互いの領域とされていた分野も扱うようにになってきました。
現在施行されている探偵業法の下では、探偵社も興信所も扱っている調査内容に大きな相違点がなく、同じ探偵業として扱われています。